債務整理の方法について

友人の知り合いが消費者金融などで借金を作って、自己破産したという話を聞きました。

1000万近い借金だったので、仕方ないのかな?と思いましたが、ネットなどで調べてみると、任意整理という方法もあり、こちらの方がリスクが少ない方法になります。

自己破産では、裁判所で免責が認められれば、借金の返済義務がなくなる代わりに、個人が持っている資産(車、住宅)は全て処分しなければいけません。当然、官報に載ってしまうので、自己破産したことが第三者に知られる怖れがあります。まあ、一般の人は官報など見ないので、ほんとんど問題になることはないと思います。

デメリットとしては、10年間は再び自己破産できないし、5〜10年ほどブラックリストに載ってしまうので、新しく借金したり、クレジットカードを作ったりすることは困難になります。

それに対して、任意整理は、弁護士などが間に入って、消費者金融などの債務者と交渉します。借金の返済義務は残りますが、利息制限法に基づいて、過払い金の請求が可能になり、借金の総額を減額することができます。将来の利息も少なくして、月々の返済額も、弁護士が調整して、返済可能な額にすることができます。当然、自分の資産を手放す必要はありません。

この方法のメリットは、弁護士などが交渉してくれるので負担が少なく、官報に載らないので、第三者に知られることもないし、とはいえ、ブラックリストには5年ほど載ってしまうので、借金したり、クレジットカードなどは作れなくなります。

友人の知り合いは、資産といっても車ぐらいしかなくて、借金も1000万近い金額だったので、過払い金の請求で借金を減額しても、月々の返済額が多く、返済が難しかったのでしょう。自己破産という選択は、正解だったのかもしれませんね。 債務整理 山梨|過払いなら山梨借金相談ホットライン  http://korrespondent.net