自動制御があれば作業工数も大幅に削減することが可能
ロゴ

求められるのは自動制御!品質は一括管理をする時代

ビルの管理なら専門業者へ

たとえ小さなビルでもビル管理でやるべきことはたくさんあります。要領を得ないまま自分でやるよりも効率よく実施してくれる専門業者に依頼をしましょう。

人件費の削減を目指して

点検や警備を強化すればするほど人員が必要になります。ビルの空いている時間を増やすと交代要員まで検討が必要です。人数に応じて増えていく人件費を削減するためにはうまく自動化を取り入れましょう。

システムの導入で得られるメリット

単純作業を自動化して作業工数を削減する

日々繰り返しの作業を手動でやると短い時間でも積み重なってコスト増になっています。自動化して細かい削減を積み重ねることが作業工数削減の基本です。

人員が減れば管理工数も減らせる

たくさん人を使うときは同時にそれを管理する人を必要とします。作業工数削減は単純な労働時間の削減だけでなく管理者の作業までも減らして効率化されます。

イレギュラーや応用に集中できる

日々の作業だけでいっぱいになってしまうとそれ以上を見つけたり対応しようとする思いが湧いてきません。日々の作業を自動制御にすることで余裕を作り応用やイレギュラーに対応しやすい体制を作れます。

一極集中にすることで同じ品質が担保できる

一括管理を導入し、全てのドアや全てのカメラを一か所で確認することで同じ品質を保つことができます。ゲートによって通過できる人の基準が異なることはもうありません。

自動制御があれば作業工数も大幅に削減することが可能

ビル

コスト削減でお悩みなら

第三者に評価してもらいコスト削減できるポイントを見極めてもらうと自分で考えるのとは違った視点の意見がもらえます。一人で悩み続けるくらいなら、ノウハウを持った専門家に相談するのが一番です。

ランニングコストを考えて

システムは導入して終わりではありません。システム自体にも定期的なメンテナンスが必要です。業者選定で金額をポイントに入れるなら5年単位のコストなど長いスパンで比較してみましょう。安い業者は定期メンテナンスコストが含まれていないことが往々にしてあります。

システムを使って効率よく管理

システムのメリットが出やすいのはたくさんの箇所を監視や確認するケースです。全ての場所を見回るよりはカメラを使って一か所で一気に確認する方が効率よくみられます。気になるところのみ確認に行く体制にすれば張り付く人員を削減できます。

システム選びをしっかりと

自動制御に限らずメンテナンスは足りなければ問題になり、過剰だともったいないです。本当に必要なものは何かを見極めてシステムを選びましょう。

広告募集中